Fujitsu’s senior EVP and incoming President, Takahito Tokita
Photography: Yasu Nakaoka

「信頼」の時代に向けたテクノロジーの推進

2019年6月

大きな影響力をもつAIやビッグデータといった技術。その力が今、私たちの社会を変えようとしており、そこに懸念の声もあがっています。デジタル時代において、技術に対する信頼を高めていくにはどうすれば良いのでしょうか。

社会的な影響力が大きいAIや個人のプライバシーに関わるビッグデータを企業はどう活用すれば良いのか。そして評判を貶めるサイバー攻撃から自社の製品やサービスをどう守っていくのか。

富士通フォーラム東京2019(5月開催)において、12,000名の参加者に対し、富士通はそう問いかけます。そして、その問いの中心にあるのが「信頼」の問題です。今、企業は自社の技術やサービスに向けられた社会からの懸念にしっかりと応え、信頼を高めていく必要性に迫られています。

「新たな革新が次々と起こっているこの時代は、人類史上最も刺激的な時代。10年前は夢物語だった技術やサービスが、今は現実のものとなっている」。そう語るのは富士通 代表取締役社長(現、取締役会長)の田中達也。しかし、そこには心配も潜んでいると彼は言います。AI、IoT、量子コンピューター、ブロックチェーンといった最新技術は、社会的な影響力が大きいため、一般ユーザも含め経営者や行政責任者は、技術がどう世界を変えてしまうのか見極める必要があります。「技術は夢を追いかけますが、それが現実にどういう結果をもたらすのか検証しなければなりません」。

田中達也


富士通 執行役員(現、代表取締役社長)の時田隆仁はこの点に触れ、富士通は今後、信頼に重きを置き、人を中心に据えた技術の開発に力を入れていくと語りました。「今日、ビジネスの信頼はICTによって支えられています。環境変化が激しいこの時代、その信頼を損なわないため、これまで以上に厳しく技術を見つめていく必要がある」と語ります。

「たとえば、複雑な商取引やサイバーリスクへの対処などで技術は信用を守る大きな役割を果たします。富士通は自社の研究所も含め、世界の研究機関と連携しながらそうした技術の開発にあたっています」。

ここで一例として挙がるのがAIの“ブラックボックス化”の問題。AIはその推論や判断の根拠を知ることが難しく、重要な物事の決定にAIを用いる場合、その信頼性が問題となります。果たしてAIは信じられるものなのか?富士通 グローバルマーケティング本部を率いる広瀬敏男(現、株式会社富士通マーケティング 代表取締役社長)はその問いを投げかけます。最近、富士通が行ったグローバル・デジタルトランスフォーメーション調査では回答者の52%がAIの判断は信用できないと答えました。その理由は根拠となるデータの信憑性や偏りへの懸念です。しかし、推論の過程が説明できるならば信用できると答えた回答者は全体の63%に及びました。

こうした懸念に応え、富士通が世界に先駆けて開発したのが“説明可能なAI”。Deep Tensor(ディープ テンソル)とKnowledge Graph(ナレッジグラフ)という二つの技術を組み合わせることでAIの推定理由や根拠を明らかにすることが可能になりました。

広瀬敏男


またフォーラムでは、このほかにも富士通の信頼を中心とするさまざまな技術が紹介されました。

一例として広瀬が紹介したのが、胎児の心臓疾患をすばやく見つけ出すAI技術です。専門技術を備えた熟練産婦人科医が不足するなか、富士通は理化学研究所、国立がんセンター、昭和大学と協力してこの技術の開発に臨み、妊娠した母親に質の高い医療サービスを届けるプロジェクトを強力に後押ししました。

さらに、広瀬が紹介したのは、富士通の開発したデジタルアニーラです。これは量子コンピューターの演算方式に着想を得て開発された最新技術で、従来のコンピューターでは解くことが難しかった組合せ最適化問題で力を発揮しています。

デジタルアニーラは既に産業現場で活用されており、フォルクスワーゲンでは製造用ロボットの配置の最適化や、サイドミラーの風切り音を最小化にするための設計などに活用されています。

こうした例はまだ始まりに過ぎず、将来的には、渋滞緩和などの都市問題や分子類似性検索など創薬への応用も考えられると語りました。