写真:スコット・ウッドワード

デジタル・ディスラプションへの対応

2018年2月

イノサイト社のマネージング・パートナーであるスコット・アンソニー氏が、大きな組織が改革を成功させて、デジタルを大いに活用したスタートアップ企業からの挑戦に反撃する方法について語ります。

破壊的脅威があらゆる方向から押し寄せてくる現在の状況について、大企業のシニア・エグゼクティブはどのように感じているのでしょうか。恐怖?混乱?それとも、いら立ちでしょうか?

ビジネス著者であり、イノサイト社のマネージング・パートナーのスコット・アンソニー氏は「必ずしもそうではない」と語ります。イノサイト社は、ハーバード・ビジネス・スクールの経営学の権威であるクレイトン・クリステンセン氏が設立した有名コンサルティング企業です。世界的な大企業に対し、ビジネスイノベーションや革新について助言する中、アンソニー氏は、デジタル武装した挑戦者を撃退するためだけでなく、自身が破壊される側から破壊する側に立つため、ひそかに戦略を立て、その戦略実現のために徹底的に新しい組織を編成した企業を数多く目にしてきました。

アンソニー氏によると、破壊的変化の機会だけでなく、組織の基盤的な部分でいかにそれを支えられるかについて、正しく理解することがスタート地点となります。「ディスラプション(破壊)という言葉に良くない印象を受けるかもしれせんが、経営層の皆さんは素晴らしい成長の機会になりうるということを理解すべきです。また、大きな組織だからこそ、長年培ってきた独自の資産や能力を強みに、スタートアップ企業が想像できないようなことを実現できるということも認識すべきでしょう」。

しかし、破壊的脅威を避け、機会を捉えようとするには、意欲だけでは不十分です。自らを革新するには、企業はオペレーションの構造を劇的に変化させるだけでなく、行動も大きく変えなければなりません。「大企業は現状を改善し、より早く、安価に実施していく仕組みを持っていますが、未来を創造する仕組みにはなっていません。大きな組織は、通常そのようなことを行っていないのです」とアンソニー氏。

その解決方法は、レジリエンス(回復力)と収益創出力が最大限になるようにビジネスを再配置する一方で、新たな成長エンジンを創り出し、動かすことです。(『ビジネス革新の成功に向けた設計図』ご参照)。

ビジネス革新の罠

このアプローチの困難な点は、多くの企業が革新し始めた途端、2つの「マインドセットの罠」のうち、いずれかに陥ってしまうという点です。「一つ目の罠は、デジタル技術を活用すると、より効率的で効果的になるため、今のままで十分と考えてしまうケースです。しかし、それらのことは、今日ではどの企業でも当たり前に行われています。デジタル技術の活用は、あらゆることを開始する前提となるものにすぎないのです」とアンソニー氏。

「2つ目の罠は、2つの革新に必要なあらゆるリソースに対し、十分な注意を払わないケースです。戦略とは結局、実施すると宣言した内容ではなく、実際に実施している内容のことです。したがって、紙面上に並べられた素晴らしい言葉も壮大な10年ビジョンも、そのビジョンを実現するための資金や人材がいなければ、何の意味もなさなくなってしまいます」。

アンソニー氏は、今こそ新しい現実を前進させる時だと論じます。「技術進化のスピードは、ますます勢いを増しています。新しいアイディアは瞬時に世界に広がり、人々はすぐに新しい技術を導入しています。そして、それらは市場に大きな影響をもたらしているのです。本来は何年も前に行動を起こしておくべきだったのです。まだ行動していないのであれば、今すぐ、2つの変革を始めるべきです」。