写真: ステファン・ホブマイヤー

デジタル進化論時代に生き残り、成功するためには

2017年2月

デジタル化は、ビジネスにおける適者生存の状況を作り出している、とドイツポストDHLのサプライチェーン部門担当CIO兼COOマーカス・ヴォス氏は語ります。つまり、企業はかつてない変化のスピードに対応することを求められているのです。

これから数十年の間に現実世界の大部分で起こるデジタル化は、企業に多くの機会をもたらすとともに、多くの脅威ももたらすことになるでしょう。そのため、新時代で成功しようとする企業は今まさに動き出さなければならないのです。

デジタル化は、世界で最も古い業界の一つである物流業界を大きく変えています。私たちは長年、多くの物理的な資産を所有し、整備してきました。それらは、道路や航路上、船上、そして倉庫内にあります。そして、今、デジタル革新が情報技術という要素をこうした物理環境にももたらしています。今、我々は、モノの流れをより的確に、インテリジェントにする機会を得たのです。

デジタル革新は、第4次産業革命、またはインダストリー4.0をもたらします。変化のスピードはこれまで経験したことがないものです。その結果、多くの企業はイノベーションに成功できなければ、新たなビジネス・モデルから完全に排除されるでしょう。

適者生存 ― 最も革新的な企業が生き残る

DHLが、事業効率の劇的な改善を求めるのと同様に、DHLのお客様もサービスの新しい利用方法を求めています。サプライチェーン部門を成功させるには、永続的にイノベーションを起こしていかなければいけません。デジタル進化論が現実になっています。競争に敗れたくなければ、新たなテクノロジーを搭載したサービスを常に市場に提供し続ける必要があります。

デジタルやテクノロジーの分野で働く方々への私からのアドバイスは、常に新たな技術をふるいにかけること、そして、その技術が新たなビジネス・モデルにおいて、製品やサービスの新たな流れや、既存のプロセスにどのように適応できるか、という点について調査することです。

ハイブリッドITアプローチ

しかし、デジタル革新には課題がつきものです。デジタル戦略を実行する裏側には、従来のITが依然として存在するという問題があります。

技術部門が新たなテクノロジーと従来のITというスピードの異なるITを管理するには、体系立てられたアプローチを取る必要があります。スピードの遅い従来のITは標準化し、工業化すべきです。しかし、表面上ではなく、堅牢に取り組まなければいけません。工業化されていないものの上に、きれいなレイヤーだけ乗せても機能しません。デジタル時代に進むにあたり、こうした工業化にも対応しなければならないのです。

DHLサプライチェーンのデジタル化はかなり進行していると言います。デジタル化がすでに効果を出している部分や将来の可能性が見えてきた部分など良い例もあります。(サプライチェーンを変革する4つのデジタル技術を参照)多くの場合、18ヶ月前には実装がほぼ不可能であった技術が、今は実現されているのです。

革新的な可能性を持つ技術は容赦なく出現します。新たな技術の出現は止まることがないため、私達も立ち止まってはいられません。日々、新しい技術が生まれているのです。だからこそ、常に実環境でのトライアルを続けます。そうしなければ、リスクが高すぎるのです。