写真: ステファン・ホブマイヤー

再定義されるITの役割:価値の共創とビジネスの成長

2017年2月

デジタル革新は、企業のITリーダーの役割に大きな影響をもたらしている、とドイツポストDHLのサプライチェーン部門担当CIO兼COOマーカス・ヴォス氏は語ります。

ここ数年のIT部門の果たす役割の変化を考えるに当たって、最近実施されたDHLのビジネスレビューで感じた内容を紹介したいと思います。IT部門が、コスト・センターの立場ではなく、事業成長分野としてディスカッションに参加すること、つまり、事業拡大のために、技術ができること全てを提案するよう求められたのです。

これは、IT部門の内部、そして周辺の雰囲気が劇的に変化していることを示しています。CIOになるには絶好の時期です。ビジネスの片隅で、コストを削減し効率を改善させるだけであった部門が、今や『成長のための重要課題』として議論され、ビジネス部門のリーダーたちと手を携えて仕事をするチャンスが回ってきたのです。

これがCIOの役割を大幅に強化しました。CIOの役割が事業部門にも及ぶようになり、CIOの目の前に、より重要な議題が届くようになったのです。もちろん、単価をいかに下げるのか、など今後も注力すべき部分は残ります。しかし、新たなビジネス・モデルや技術、プロセスを組織内で促進するために、ビジネス部門と連携を行うという新しい側面がCIOの責務に加わったのです。

ヴォス氏の場合、CIO就任から2年後の2017年初頭に、売上が158億ユーロ(169億ドル)にも上るサプライチェーン部門のCOOにも任命されました。これは、CIOの責任範囲が拡大していることを証明しているとも言えます。

未来の共創

変化のスピードが早いということは、多くの企業が幅広いチャンスに対応するために必要となるリソースが不足するという現実につながります。そこで、戦略的ITパートナー数社を選び、DHLのデジタル革新を加速させようとしました。新たなトレンドのいずれに対応するにせよ、Co-creation(共創)が中核的な手法になります。博士課程の学生を100人、200人と雇い、自社だけで技術を開発している時間はないのです。

こうした動きは、機会であると同時に脅威でもあります。ベンチャーキャピタルの投資が、新しいスタートアップ企業に流れ込んでいます。その多くは確固たるアイディアを持って起業された会社です。しかし、DHLはその企業規模を活かし、DHLがすぐに活用できる革新的な技術を既に持ったテクノロジー・パートナーと緊密に連携することで、これらの動きに立ち向かおうとしています。

ビジネスと連携しようというヴォス氏の取り組みは、IT部門に深く浸透しています。DHLのITチームは、そこにある技術を、ビジネスの知識を備えた上で解釈し、実際のビジネスに活用しようとしています。まだ道半ばですが、私はIT部門を、単に技術の知識があるだけではなく、ITに関してビジネス部門とディスカッションができるようなチームにしたいと願っています。

デジタルの取り組みに参加するビジネス部門からの人数が増えるにつれ、ピアノの鍵盤全体を使い、あらゆる関係者とのディスカッションをオーケストラのようにまとめることができるようになっている。これは素晴らしい経験です。