Image: Emmanuel Fradin

ブロックチェーン:CIOにとってWeb以来の最重要課題

 

2016年7月

ITリーダーは全社のIT戦略として、ブロックチェーン技術を社内に迅速に導入する必要があります。

CIOはブロックチェーン・アプリケーションを業務に適用するにあたり、重要な役割を果たします。しかし、そのピアツーピア・トランザクション技術が企業に定着するにつれ、破壊への道に進む準備も必要となります。

これは、どのCIOにも言えることです。自分がどの業界に属していても、ブロックチェーンが企業に重大な影響を与えることに変わりはありません。個人に起きることと同様に、ビジネスと政府の主要領域で、銀行や知財ブローカーのような従来の仲介者の関与なしに、信用を積み上げ、価値を交わすことによって、分散データベース技術は急激にトランザクション処理コストを下げるでしょう。その結果、自社の事業領域を再考することになります。

結局のところ、ブロックチェーン技術はオープン市場で信用を創造するコストを下げるので、これまで中間に入っていた機関と同じ方法で、個人は協調できるようになります。これは、企業がバラバラになるとか、すべての企業は小規模になると言っているわけではありません。我々が信用に基づくケイパビリティを獲得する方法が大きく変わるだけなのです。

“ブロックチェーンはCIO、CTOにとってWWW以来の重大事であり、さらに重要性が高まっています。”

ブロックチェーン技術は、企業のITリーダーが迅速に立ち上げるべきビジネスモデルとプロセス改革を進める触媒になるでしょう。

もし、あなたがCIOやCTOであるか、企業でテクノロジーに責任がある人だとすれば、ブロックチェーンはWWW以来の重大なテクノロジーです。もしかすると、それ以上かもしれません。その理由は、ブロックチェーンに触発された新しいビジネスモデルが伸びつつあり、UberやAirbnbのような破壊者をも破壊するからです。

競合や効率化のため、事業部門はブロックチェーンの活用を強いられるようになり、それはIT経営層にとっても、大変な課題です。

事業部門は、IT部門とは独立して試行を開始し、技術を獲得するでしょう。しかし、我々は同じ経験を過去に行ってきました。ミニコンピュータからPCへの移行期にも同じことが起きました。インターネット上にWebが生まれたときもそうでした。そして携帯電話の誕生もそうです。現在は、ユーザ主導の新しい波がIT業界を直撃しようとしています。

これは必ずしも悪いこととは限りません。エンドユーザにそのアプリケーションの責任を取ってほしいところでしょうが、他方では企業としての機能を果たす必要があります。また、基準を作成し、セキュリティを確保し、優れたデータを管理するということも必要となります。

ITサービスのスーパーマーケット

それでは、CIOはどのように来たるブロックチェーン革命に対応すればいいのでしょう。それは、良いとこ取りのIT戦略でいいのです。IT経営者は、一連のブロックチェーン機能をユーザに提供する、ITサービスのスーパーマーケットを作り、そして企業は、セキュリティ基準を課し、会社全体の構造に組み込みます。これで、会社に危険を及ぼさず、エンドユーザはブロックチェーンの新しい方向に進めるのです。

これは次期IT戦略の手段になるでしょう。CIOやCTOは、ブロックチェーンが引き起こす次の波に押し流されてしまう前に対処することがとても重要になってきます。