Image: Ben Gold

スマートシティを形作るもの

2016年8月

デジタル化が大都市の生活における重要な要素を徐々に変えていますが、理想都市はどのように進化するのでしょうか。

IoTやビッグデータ、機械学習などのトレンドが都市環境をどう変えるかと聞かれますが、大半の都市の様相は劇的には変わりません。
ヨーロッパの都市の多くが古代ローマや中世の都市と変わらないように、明日の都市は今日の都市によく似ています。物理的な構造において、明日の都市が劇的に変化するものは、多くありません。人は、水平の床と垂直の壁、外部から私たちを守るための外壁や、外を見る窓を必要とします。

しかし、都市生活者の生活は変わるでしょう。過去10年間を見ても、生活、働き方、出会いが大きく変わったのと同様に、この新しいIoT世界の結果として、都市生活は大きく変わっていくでしょう。スマートシティと呼ばれる地位を獲得するため、IoTをすでに取り組んでいる都市では、これが明らかになり始めています。シンガポールはモビリティ、コペンハーゲンは持続可能性を、ボストンでは市民参加の素晴らしい経験を提供しています。異なるアイデアを異なる都市で試して、得た知識を共有しているのです。

モデル都市

世界の大都市の行政府と仕事をし、スマートシティの構築を数多く支援してきましたが、ラッティは真の理想都市の定義には消極的です。20世紀のフランス人作家ジョルジュ・ペレクによると、「パリでどこに住みたいかと聞かれたら、どこか1ヶ所に住みたいとは思わない、台所を市場の隣に、居間を公園の隣に、そして寝室は別の場所にしたいと思う」と答えたそうです。理想都市はどのようなものかと聞かれると、プラハの地形を持ち、ナポリの天気、ロンドンの建築、サンフランシスコのフュージョン料理、リオデジャネイロの夜を兼ね備えた都市だと答えます。